【国境を撮る⑧】したたかロシアに対応苦慮 中韓も領土交渉注視

択捉島・沙那(ロシア名・クリリスク)の市街地の彼方、薄紫色に染まった散布(チリップ)山を遙かに望む=2004年

 〈北方領土問題は一筋縄ではいかない。加えて中国や韓国が日本の動静を注視している〉
 今、ロシアは択捉(えとろふ)や国後で出された膨大なゴミを処理するため、色丹島で大々的なごみ焼却炉を作ろうとしている。仮にそれができたら、色丹も還す気がないということだ。あるいは色丹が還ってきても、ロシアは色丹で整備したインフラへの対価を要求してくるだろうし、その場合にはどれだけ吹っかけられるか分からない。その費用を払う価値があるのか。
 さらに北方領土では海外企業の誘致も積極的で、北朝鮮、中国、スウェーデンなどの企業が入ってきている。返還の際、彼らとの交渉にかかる費用は日本側が負担することになる。まともな国ならいいが、下手な相手となると、どんな難題を突きつけてくるか想像に難くない。ロシアはそのことまで見越して誘致を進めているはずだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第43回沖縄県高等学校総合文化祭郷土芸能部門・第30回沖縄県高等学校郷土芸能大会(主催・沖縄県高等…
  2.  石垣市の自治基本条例が岐路に立たされている。市民グループが同条例を根拠に、石垣島への陸上自衛隊配備…
  3.  「2019年秋季火災予防運動」が9日から全国一斉にスタートした。15日までの期間中、石垣市消防本部…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る