寄付金、昨年度比56%減 子どもの未来県民会議が総会 

県民会議であいさつする玉城知事(写真奥中央)経済や教育、労働、医療福祉、マスコミ、子ども支援団体など多種多様な団体の関係者が参加した=11日、市町村自治会館

 県や民間団体で構成し、子どもの貧困問題の解決を目指す「沖縄子どもの未来県民会議(会長・玉城デニー知事)の今年度第1回総会が11日、那覇市の市町村自治会館で開催された。事務局報告によると、昨年度の寄付金は2017年度比で約56%減の約2384万円になった。
 県は会費を毎月納入する「沖縄未来サポーター」の新規登録件数が減少したことなどが原因と指摘。総会に参加した会員に、寄付金やサポーター登録などで協力を求めた。
 2018年度支出決算額は当初、予定されていた約1億円から約5722万円減額され、約4279万円となった。このうち約2050万円が給付型助成金として計33人の学生に給付された。県民会議を構成する団体が子供の貧困解消を図る取り組み「ジョイントプロジェクト助成事業」に約1180万円が支出された。
 今年度収支予算では、募金収入を約2600万円、サポーター会費からの収入を660万円と見込む。県負担額は650万円。
 玉城デニー知事は「県民運動として子どもの貧困対策に取り組み、十分な支援が行き届くよう、会員の皆様にご協力をお願いする」と協力を求めた。
 参加した団体関係者からは、通学費負担を減らす目的から児童や生徒らが使用する自転車の購入費補助などの提案があった。高校生の通学費負担軽減に貢献したとして沖縄都市モノレールに感謝状が贈呈された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る