新旧織り交ぜ舞踊披露 大浜青年会が文化発表会

「かぎやで風」を披露する大浜青年会の西里会長(左)と上原洋慎文化部長=15日夜、大浜公民館

 大浜青年会(西里翔太会長、会員16人)主催の「2019年度文化発表会」が15日夜、大浜公民館で開かれ、平成生まれの若者らが伝統を継承しつつ、新しい要素も取り入れ、新旧織り交ぜた舞踊と創作演目を披露した。
 第1部は「かぎやで風」で幕開け。「くいぬぱな節」、「夜雨節・千鳥節」、「祝い獅子」に続き、「うりずんの唄」で締めくくった。
 第2部はスライドショーによる青年会員と活動の紹介や平成7(1995)年生まれ新入会員メンバーの三味線やウクレレによるバンド「クサムラバイミー」、曲「2億4千万の瞳」に合わせた全会員によるものまねなどを披露した。
 会員歴10年、今年1月から就任した西里会長は「地域の顔は青年会と言われる。新入会員も8人増え、パワーアップして地域に元気を伝えたい」と意気込みを語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  クラスター(感染者集団)が発生した「石垣島キャバクラAクラブ」(美崎町)を中心に、4日、ショーパブ…
  2.  石垣市は4日、新型コロナウイルスの感染者が出た美崎町の2店舗名を独自の判断で公表した。このうち1店…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大で、沖縄では医療機関の逼迫(ひっぱく)が深刻化してきた。厚生労働省の集…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る