領海侵入抗議せず 玉城知事「懸念の伝え方検討」 県議会一般質問

答弁する玉城デニー知事=28日、県議会

 尖閣諸島問題で玉城デニー知事は28日、中国公船の領海侵入に抗議するか問われ「宮古や八重山地域の住民が持つ不安や懸念をどんな形で伝えられるか、研究したい」と述べるにとどめた。28日の県議会(新里米吉議長)6月定例会は一般質問で照屋守之氏(自民)の質問に答えた。
 照屋氏は「中国に抗議すべきだ」と訴えた。謝花喜一郎副知事は、河野太郎外相が「中国とは冷静かつ毅然と対応する」と述べているとして「県としても、あらゆる分野での交流を通し、対応していく」と答弁した。
 照屋氏は県政について「島や県民の命を守る熱意があるとは思えない」と批判。知事の発言や県首脳の尖閣諸島への認識は、中国の戦略に協力していることになると懸念を示した。「(尖閣諸島の)中国の実効支配につながるのではないか」と危惧した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  大相撲沖縄場所(主催・同実行委員会)が14日、うるま市具志川ドームで始まった。15日まで。14日は…
  2.  貴重な文化遺産であるシマムニ(島言葉)の保存継承を目的に「第1回シマムニ発表会」(主催・竹富町、竹…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(反橋寛之所長)が14日午前、新石垣空港でヘリコプター体験搭乗を実…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る