領海侵入抗議せず 玉城知事「懸念の伝え方検討」 県議会一般質問

答弁する玉城デニー知事=28日、県議会

 尖閣諸島問題で玉城デニー知事は28日、中国公船の領海侵入に抗議するか問われ「宮古や八重山地域の住民が持つ不安や懸念をどんな形で伝えられるか、研究したい」と述べるにとどめた。28日の県議会(新里米吉議長)6月定例会は一般質問で照屋守之氏(自民)の質問に答えた。
 照屋氏は「中国に抗議すべきだ」と訴えた。謝花喜一郎副知事は、河野太郎外相が「中国とは冷静かつ毅然と対応する」と述べているとして「県としても、あらゆる分野での交流を通し、対応していく」と答弁した。
 照屋氏は県政について「島や県民の命を守る熱意があるとは思えない」と批判。知事の発言や県首脳の尖閣諸島への認識は、中国の戦略に協力していることになると懸念を示した。「(尖閣諸島の)中国の実効支配につながるのではないか」と危惧した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビー…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る