防犯対策に協力要請 女性、子どもへの脅威目立つ

八重山地区まちづくり推進協議会冒頭=4日、八重山警察署

 2019度八重山地区安全なまちづくり推進協議会(会長・中山義隆石垣市長、会員32人)が4日午後、八重山署で開催された。八重山地区の犯罪情勢について報告され、会員の異動報告や今年度の事業計画案が承認された。
 協議会で中山市長は「八重山地区の犯罪は減少傾向にあるが、美崎町の客引き問題や路上寝の問題などが未だにあり、犯罪のない安心できる地域の実現に向け、さらに連携を強化していきたい」とあいさつした。
 八重山地区の犯罪情勢について同署は、ことし6月末時点の刑法犯認知件数は146件(前年同期比16件減、9・9%減)だが、特に女性や子どもなどに関わる脅威事案が17件と目立っていると報告。防犯意識の高まりから、同署への通報が増えたとして、通学時に体に触れられた、進路妨害をされた、不審な声掛けがあったなどの声があったと紹介した。
 同署の島尻重美署長は「安心安全な地域社会の実現のため、地域の安全は地域で守る」として「地域の持つ犯罪抑止力を高めていくことが重要」と述べた。関係機関に引き続いての協力を求めた。
 2019年度の活動計画の事業案として▽美崎町歓楽街環境浄化の推進▽適正飲酒の啓発活動及び路上寝対策の推進▽通学路等における児童唐の見守り活動の推進▽防犯カメラの設置促進―が審議され承認された。
 新規会員として承認されたのは次の皆さん。
 ▽副会長=島尻重美(八重山警察署長)▽会員=宜野座葵(沖縄県八重山事務所長)、砂川和徳(八重山警察署協議会会長)、波平孝夫(八重山地区県立学校長連絡協議会長)、仲吉永克(石垣市立小中学校校長会長)、大浜慶功(石垣市自治公民館連絡協議会会長)、石垣敦子(八重山三市町婦人連合会会長)、國吉長朗(石垣市青年団協議会長)、坂中健作(石垣市PTA連合会会長)、嘉数勉(八重山地区金融機関防犯連絡会長)、東黒島新泉(沖縄県農業協同組合八重山地区本部長)▽事務局=船道安広(八重山警察署生活安全課長)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る