来年2月に国際IT見本市 「リゾテック沖縄」事業構想

国際IT見本市の実行委員会には、沖縄県や県情報産業協会、沖縄ITイノベーションセンター、県内大手旅行業など、関連団体が多数参加している=9日、県市町村自治会館

 リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想の発表会を行った。リゾテック(ResorTech)はリゾート観光とITを組み合わせた造語で、沖縄が持つ観光地としての強みを生かし、農水産業、小売、医療などとITとの組み合わせを進め、社会変革を目指す概念。自動運転やドローンなどの先端技術の革新も目指す。稲垣委員長は「リゾテック沖縄というブランドを世界に発信したい。新ビジネスの創出を促進していく」と述べた。
 同事業では、実証事業の導入支援や、技術者育成、新事業の開発支援を進める。年一回の国際IT見本市の開催も目指す。来年2月5日から7日まで、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「おきなわ国際IT見本市」を試験的に開催する。
 IT技術者や観光、交通、飲食、小売などの各業界関係者に加え、自治体関係者などの来場も予定する。
 実行委では、出展する企業や団体を募集する。専用ウェブサイトhttp://resortech・okinawa/で申し込みを受け付ける。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る