石垣就航から30周年 「ファンの期待に応える」 乗客に記念品 ANAグループ

記念品を受け取る搭乗客ら=22日午後、新石垣空港

 全日本空輸㈱(ANA)は22日、1989年7月22日の石垣での初就航から30周年を迎えた。
 同日午前、「ANAグループ石垣線就航30周年記念式典」が新石垣空港(南ぬ島石垣空港)の出発ロビー6番搭乗口前で開かれた。
 ANAの井口治沖縄支社長は「八重山の皆さんのご厚情のおかげ」と感謝。「八重山の四季折々を見たいファンの期待に応えるとともに、特産品を全国、世界に届けることで八重山経済に貢献したい」と抱負を語った。
 中山義隆石垣市長は「地域住民の翼としてはもとより、首都圏からの多くの観光客を運んでもらい、誘客に尽力を」と述べた。
 ANA沖縄空港㈱の小林克巳代表取締役社長、井口支社長、ANAの石垣支店・宮脇秀至支店長と、中山市長、西大舛髙旬竹富町長らの来賓らがテープカットを行なった。
 午後零時20分発の羽田行きボーイング777―300型機の搭乗客には、ANAのボールペンやお菓子などの記念品がプレゼント。
 職員らは「みーふぁいゆー ANA30YERS ISHIGAKI 2019・7・22」と滑走路に水文字で記し、搭乗客へ手を振る「グッバイウエーブ」で見送った。
 ANAは石垣から那覇までボーイング737便で初就航し、当初は1路線で1日1往復。現在では那覇、羽田、中部(名古屋)、関西、福岡の5路線で、一日11往復の運航を行なっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る