恒例の「獅子皮作り」 豊年祭に向け準備 登野城獅子保存会

獅子の皮を作る登野城獅子保存会のメンバー

 登野城獅子保存会(黒島弘会長)は21、22日の2日間、黒島会長宅で恒例の「獅子皮(シィーシィーぬカー)作り」を行い、豊年祭への準備を進めた。
 登野城の獅子2頭は獅子面や胴体が大きく、年数回の獅子舞で、獅子の皮にほころびなどができる。その修復と後進育成を兼ね、小中学生や会員の子どもらに声をかけ、毎年この時期に実施している。
 今回は糸芭蕉約100本を用意。切り出して皮をはぎ、皮を脱穀機で荒削りし、黒島会長や上地和浩顧問の指導の下、子どもたちも一緒に、竹や瓦片で外表皮を丁寧に細かく削った。繊維はガジュマルの灰汁を煮詰めた大釜で茹でた後、取り出して冷水で洗い流し、干して乾燥させた。
 2~3日乾燥させた糸芭蕉は獅子の胴体網部に取り付けられる。修復された獅子は、25日に天川御嶽で行われるとぅぬすく村オンプーリィの獅子舞奉納、26日のムラプーリィ出発前のシィーヅクリで、字民のケガや熱中症防止のための送り出しで使用される。
 同保存会では4年に1度、青桐(アウダレー)での皮作りを行なっている。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  2008年11月以降運休状態が続いている石垣―波照間航空路線運航の早期再開を目指す竹富町は6日午後…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は、県民の離島へのモニターツアー費用を6割補助する事業「島あっちぃ」を実施する。離島の交流促進と…
ページ上部へ戻る