石垣で空手の合同稽古 沖縄拳法、各流派が技披露

技を教えあう参加者ら。近隣の住民が多数見学した=3日、総合体育館サブアリーナ

 沖縄拳法空手道協会(喜納敏光会長)は3日、各流派の交流を目的とした稽古を石垣市総合体育館で実施した。沖縄拳法空手を広め、空手道全体の競技人口を増やす目的で開催され、約30人が参加した。沖縄拳法空手、一心流などの技を教えあい、交流を深めた。
 午前から始まった合同稽古では、各流派の有段者が演舞を行い、技を披露した。午後からは、実際に相手の体を突く「フルコンタクト」形式での稽古や、相手を突かない形式などで、実戦形式の稽古が行われた。
 創始者が沖縄にいる一心流は、来年にインドで世界大会を開催する。稽古にはインド人も参加し、大会開催をPRした。
 沖縄拳法空手道協会の喜屋武徹副会長は「他の流派の技を見ると刺激になる。交流を深めて個人のスキルをアップさせる目的で開催した」と、意義を強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し「沖縄が日本のアジア…
ページ上部へ戻る