【金波銀波】韓国で日本への抗議行動が…

 韓国で日本への抗議行動が拡大しているが、10数年前、八重山も「反日」のあおりを食った。韓国の劇団が石垣市民会館でミュージカルの上演を予定していたが、歴史問題を理由にドタキャンされたのだ。好意で受け入れ準備をしていた地元関係者も呆然。韓国には「日本相手なら何でも許される」という風潮があるのではないか◆今回の輸出管理問題でも、反日デモの市民が日の丸を裂き、日本製品を踏みつけ、果ては安倍晋三首相の面をかぶった人を、キムチで殴りつけるパフォーマンスも報じられた◆不買運動は若者が率先しているというし、本来冷静であるべき政府も、文在寅大統領自らが「日本は盗人たけだけしい」と批判。官民挙げて、ヒートアップが止まらない◆韓国の反日が理解し難いのは、中国や北朝鮮と違って自由主義陣営の一員であり、日本と対立すべき戦略的な理由がないのに、あえて挑発を繰り返す姿勢だ。泣きわめく子どもにどう対処するのか。保育士ではないのだから、普通の大人であればいちいち相手にせず、もっと大事なことに時間を使う。輸出管理の強化は粛々と進めればいい◆基地問題で政府と対立する沖縄にとっても、韓国は「他山の石」だ。最低でも大人としての矜持(きょうじ)は保ち続けたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る