国語指導の力、蓄える 青木氏「全体像を捉える力が必要」 八重山結の会

 国語科を中心に理論や実践研究をしている八重山結の会(大浜公三枝会長)が25日午後、八重山教育事務所で、筑波大学附属小学校教諭の青木伸生氏を招き、夏季研修会の「国語セミナー」を開いた。八重山郡内3市町から約40人の現役教職員らが参加し、新学習指導要領にそった全体像を把握する授業展開の方法論を学び、国語指導の力を蓄えた。
 青木氏は新学習指導要領に触れ、「構造と内容を把握し、精査・解釈をし、考えの形成をし、共有するという、読解での学習過程が初めて具体的に示された」と指摘。
 「これまでは文章の精査・解釈をやってきたが、これからは『構造と内容の把握』という文章の全体像を捉え、全体を見渡す力をつける必要がある」と説明した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る