竹富島で十五夜祭 綱引きで子孫繁栄と健康願う

各集落自慢の旗頭が並び、壮観な雰囲気の中、十五夜祭が開かれた=13日、竹富小中学校グラウンド

 旧暦8月15日にあたる9月13日は、竹富島の十五夜祭(ジュングヤ)。夕方の4時30分ごろ、西、東、仲筋の各集落の地域住民は竹富小中学校グラウンドに集まり、各集落のシンボルである旗頭を立て、ドラや太鼓の音が鳴り響く壮観な雰囲気の中、綱引きや余興などで子孫繁栄や健康を願った。
 竹富島では綱引きは豊年祭ではなく十五夜におこなう。この大綱の材料はンーマニー(クロツグ)で、100年以上前に作られたといわれる貴重なもの。そのため絶対に雨に濡らすわけにはいかず、雨や台風が理由で綱引きが中止になることもしばしば。今年は島民男性総出で大綱の補修作業をするなど、本番に備えてきた。
 会場では「十五夜は男の祭り。今年は雨が降らず、綱引きができて良かった」と喜ぶ声が聞かれた。また各集落ごとに旗頭の祈願の神事や、夜には中秋の名月を愛でる観月会が開かれた。
    (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「知って活かそうバガー(我)島の憲法『自治基本条例』」と銘打った集会(主催・同実行委員会)が17日…
  2.  日本ソフトテニス連盟は16日、全日本U―17チーム選手を発表し、八重山高校1年の高嶺心萌(16)が…
  3.  石垣中学校(宮良信浩校長、全校生徒552人)が17日午後、レインボーハートプロジェクトokinaw…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る