竹富島で十五夜祭 綱引きで子孫繁栄と健康願う

各集落自慢の旗頭が並び、壮観な雰囲気の中、十五夜祭が開かれた=13日、竹富小中学校グラウンド

 旧暦8月15日にあたる9月13日は、竹富島の十五夜祭(ジュングヤ)。夕方の4時30分ごろ、西、東、仲筋の各集落の地域住民は竹富小中学校グラウンドに集まり、各集落のシンボルである旗頭を立て、ドラや太鼓の音が鳴り響く壮観な雰囲気の中、綱引きや余興などで子孫繁栄や健康を願った。
 竹富島では綱引きは豊年祭ではなく十五夜におこなう。この大綱の材料はンーマニー(クロツグ)で、100年以上前に作られたといわれる貴重なもの。そのため絶対に雨に濡らすわけにはいかず、雨や台風が理由で綱引きが中止になることもしばしば。今年は島民男性総出で大綱の補修作業をするなど、本番に備えてきた。
 会場では「十五夜は男の祭り。今年は雨が降らず、綱引きができて良かった」と喜ぶ声が聞かれた。また各集落ごとに旗頭の祈願の神事や、夜には中秋の名月を愛でる観月会が開かれた。
    (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る