ふるさと納税で楽器購入 学校支援で寄付呼び掛け 石垣市

ふるさと納税で学校の楽器購入を支援するよう呼び掛ける中山市長、石垣教育長ら=18日午前、市役所

 楽器の老朽化に悩む各学校の吹奏楽部や鼓笛隊などを支援しようと、石垣市は、ふるさと納税を楽器購入に充てる事業をスタートさせた。年度内に約2千万円を目標に寄付を呼び掛ける。18日、中山義隆市長が市役所で記者会見して発表した。
 学校から楽器購入費を補助してほしいと要請を受けたことがきっかけ。楽器購入費が高額に上ることから、ふるさと納税を活用し、市内の全学校を支援対象とすることになった。
 中山市長は「希望する学校に楽器や機材を購入し、子どもたちが全国大会などで活躍できるようにしたい」、石垣安志教育長は「新しい楽器を購入し、素晴らしい音色で演奏してほしい」と期待した。
 18日からは、寄付を呼び掛ける動画を市、市教委ホームページ、市フェイスブック、ユーチューブにアップした。
 ふるさと納税で寄付する際は、使途を指定できる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された…
ページ上部へ戻る