監督「本当に頑張った」 選手の健闘に声詰まらせ 秋季九州地区高等学校野球大会

四回、大浜のセンター前ヒットで2塁からホームに還るが、惜しくもアウトに

 試合後、新里和久監督はミーティングを開き、部員らに「野球さえ良ければ良いという考えじゃなく、人として成長することが一番大事。成長して農林高校に来て良かったと思えるようにしてほしい。本当に頑張った」と激励し、声を詰まらせた。
 大浜圭人主将は「九州大会に来られたからといって満足して練習を疎かにせず、島に戻ったら反省も踏まえ練習に取り組もう。今日ホテルに帰ったら、今日の試合振り返りながら、少しずつ課題を話し合い、次の試合に向かおう」と呼び掛けた。

■ 監督一問一答
 ―今日の敗因は。
 序盤からヒットが出て良い形だったが、つなぎきれなかった。だが一番の敗因は、監督の私の指導力不足、子どもたちを落ち着かせることができなかったことなど。全ては自分が原因。子どもたちは最後まで全力で戦ってくれた。監督としてやり直す。
 ―サインミスもあったが。
 スクイズを待たせようと思っていたが、サードランナーが飛び出した。自分が確認してやるべきだった。
 ―九州大会を経験して。
 どんな時にも慌てないという心の強さなど、九州と沖縄の違いを感じさせられた。試合では何人かの部員の表情がこわばっていた。普段の学校生活、練習の中から意識しないといけない。石垣に戻ってからは、これまでと同じ行動をするのではなく、さらに上を目指してやってもらいたい。
 ―次に向けたチーム作りをどうするか。
 一からやり直すというよりは、学んできたことを考えとして留めながら、秋季大会でできなかったことを子どもたちに考えてもらい、どう練習し鍛えていくかを彼らに委ねながら、サポートしていきたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、八重山では今月に入り、外国客が…
  2.  沖縄ツーリズム産業団体協議会(会長・下地芳郎OCVB会長)の代表者8人は19日午後、県庁に玉城デニ…
  3.  沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。  ―OCVB内の対策委…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想…
ページ上部へ戻る