建設ジュニアマスターに 紫電舎の幸地さん顕彰

他の受賞者や上原部長(写真中央)と並び、写真撮影をした幸地さん(同右端)=21日午後、県庁

 県は21日、後進の指導・育成に貢献した建設技能者と、今後の活躍が期待される青年技能者が国から顕彰されたと発表した。建設マスターとして6人が選ばれたほか「青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰」(通称・建設ジュニアマスター)として石垣市の幸地真紀さん(41)=紫電舎=が顕彰された。
 幸地さんは電気工としての技能・技術の高さが認められた。
 幸地さんは「さらなる技術の向上と若手の育成に尽力したい」と抱負を述べた。「会社やお世話になった方々のおかげで受賞できた」振り返った。土木建築部の上原国定部長は「建設業界の人材育成と技術の継承が大事だ。後進の指導と育成もお願いする」と求めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を…
  2.  2017年から2年間で沖縄に漂着したごみ約6871立方㍍のうち、半分が八重山諸島への漂着であること…
  3.  県は18日午後、文化功労者の表彰式を県庁で行った。八重山からは、八重山古典民謡保持者の金城英皓氏(…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…
ページ上部へ戻る