請福酒造がダブル受賞 県知事賞と国税事務所長賞 泡盛鑑評会

代表して表彰を受ける高橋氏=1日、沖縄ハーバービューホテル

 今年度の泡盛鑑評会(主催・沖縄国税事務所、県)が1日午後、那覇市内のホテルで開催され、請福酒造は沖縄国税事務所長賞と県知事賞をダブル受賞した。また、品質優秀な泡盛を出品した製造場の責任者も表彰され、同社の高橋満美登氏が代表して賞状を授与された。
 泡盛鑑評会は、品質評価と理化学分析で泡盛を審査、酒造技術の発展や基盤強化を促し、品質向上を図ることを目的に、復帰の年である1972年から開催されている。47回目となる今年度は新たに「次世代泡盛の部」を設け、14社が出品した。
 古酒の部、一般酒の部も含め、合計112点が出品された。
 請福酒造は古酒「請福ビンテージ」を出品し高い評価を受けた。漢那憲隆社長は「知事賞の受賞は励みになる。古酒作りの技術を評価され、嬉しい」と笑顔を見せた。高橋氏は「恐らく20年ぶりの県知事賞受賞だ。感慨深い。市場に合った味が出来たと思う。光栄だ」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る