請福酒造がダブル受賞 県知事賞と国税事務所長賞 泡盛鑑評会

代表して表彰を受ける高橋氏=1日、沖縄ハーバービューホテル

 今年度の泡盛鑑評会(主催・沖縄国税事務所、県)が1日午後、那覇市内のホテルで開催され、請福酒造は沖縄国税事務所長賞と県知事賞をダブル受賞した。また、品質優秀な泡盛を出品した製造場の責任者も表彰され、同社の高橋満美登氏が代表して賞状を授与された。
 泡盛鑑評会は、品質評価と理化学分析で泡盛を審査、酒造技術の発展や基盤強化を促し、品質向上を図ることを目的に、復帰の年である1972年から開催されている。47回目となる今年度は新たに「次世代泡盛の部」を設け、14社が出品した。
 古酒の部、一般酒の部も含め、合計112点が出品された。
 請福酒造は古酒「請福ビンテージ」を出品し高い評価を受けた。漢那憲隆社長は「知事賞の受賞は励みになる。古酒作りの技術を評価され、嬉しい」と笑顔を見せた。高橋氏は「恐らく20年ぶりの県知事賞受賞だ。感慨深い。市場に合った味が出来たと思う。光栄だ」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る