港湾労災防止で努力賞 八重山で死亡事故ゼロ件 石垣港運

石垣港運㈱の下地社長(前列右)と梅澤署長(前列左)ら=8日午後、八重山労働基準監督署

 先月18日に愛知県名古屋市で開催された「第56回全国港湾労働災害防止大会」(主催・港湾貨物運送事業労働災害防止協会)で、石垣港運㈱(下地巖代表取締役社長)が安全部門の努力賞を受賞した。今回同賞を受賞したのは九州地方では石垣港運のみ。八重山労働基準監督署によると八重山での港湾荷役作業中の死亡事故は過去10年以上零件という。
 同賞は優良賞には達しないものの、安全活動を熱心に実施し、労働衛生管理の改善向上に努力し、その向上が著しい事業場に授与されるもの。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る