ハサップ導入で勉強会 義務化向け仕組み学ぶ 石垣市商工会

ハサップ導入について講演した株式会社クロックワークの伊志嶺哉代表取締役社長=6日、石垣市商工会館2階ホール

 石垣市商工会(黒嶋克史会長)は6日午後、石垣市商工会館2階ホールで石垣市特産品振興会「これでHACCP(ハサップ)導入!制度化に向けて、皆でスタート」セミナーを開いた。飲食業や製造業など約50人が参加し、食品衛生管理などに携わる株式会社クロックワーク=本社・那覇市=の伊志嶺哉代表取締役社長は「物の管理から作業の管理に重点が移る」と指摘し、「最終製品を検査するのではなく行程別に衛生管理が出来ているか確認できれば安全が確保できる」と説明した。
 ハサップは「問題のある食品の出荷を未然に防ぐ仕組み」で原材料の入荷から出荷までの行程で製品の安全性を確保しようとする衛生管理方法のひとつ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で自然体験ツアーを行なっている21事業者から構成される団体「石垣島アウトフィッターユニオン」…
  2.  県は25日午後、県議の男性1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県議会事務局は同日、…
  3.  大浜中学校(島仲信秀校長、生徒418人)は25日、2020年度校内合唱コンクールを同校体育館で開催…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る