県内女性、成田空港で感染 新型コロナ 検査結果待たず帰宅

 県は21日午後、危機管理対策本部会議を開催し、スペインから帰国した本島中部在住の10代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。成田空港検疫所の検査で判明した。症状はないという。
 県によると、女性は家族や親戚計5人と旅行し、20日午前に到着。検査結果が出るまで待機するよう検疫所から要請があったが、同日中に羽田空港から那覇空港を経由し、県内の自宅に戻った。21日午前に感染が判明し、厚労省から県に連絡が入った。県の発生件数に含まれないとしている。女性は症状は出ていないが、県内の指定医療機関に入院する予定。家族ら5人は陰性だった。
 公立学校の再開や自粛していた主催イベントの開催について、保健医療部の砂川靖部長は「二次感染が発生するなら見直しを検討する」とした。
 玉城デニー知事は「県は方針に沿って、感染拡大防止や重症化予防を実施する。社会経済へのインパクトを最小限にとどめる」と述べ、県民には手洗いや咳エチケットの実施、大勢の人が集まる場所への立ち入りを避けるよう呼びかけた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る