「結果を出すのが使命」 現職西大舛氏が出馬表明 竹富町長選

出馬表明をする西大舛氏=18日午後、竹富町議場

 任期満了に伴う8月11日告示、同月16日投票の竹富町長選で、現職の西大舛髙旬氏(72)が18日、開会中の町議会で「これまでの行政運営、政治の課題と解決の結果を見るには選挙に出て、『なるほど』と言える結果を出すのが使命。選挙に出馬し、審判を受けたい」と述べ、出馬を表明した。
 6月議会一般質問3日目の最後に登壇した那根操氏から、出馬への決意を問われ明らかにした。
 西大舛氏は、先月26日に町議員の有志8人からの出馬要請を受けて出馬へ向け動き出し、関係者や家族とも相談して、出馬を決意したとした。
 議会では「コロナを政策の筆頭に掲げながら、今後の喫緊の課題に取り組むことが求められている」と強調。
 「新庁舎建設問題は政治公約。大原庁舎は、石垣庁舎ができ次第、即建設に向けた取り組みをやりたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る