城間氏が圧勝で再選 玉城県政と連携強調 那覇市長選

那覇市長選で再選を決め、バンザイ三唱する城間氏(中央)と玉城知事ら=21日夜、那覇市内の選対事務所

 任期満了に伴う那覇市長選は21日投開票され、無所属現職の城間幹子氏(67)が7万9677票を獲得、無所属新人で前県議の翁長政俊氏(69)=自民、公明、維新、希望推薦=に約3万7000票差をつけて圧勝で再選を果たした。玉城デニー知事が就任以来、支援する候補は市長選で2連勝。県政と県都の連携関係も継続することになり、玉城県政へのさらなる後押しになりそうだ。
 城間氏は選挙戦で1期4年の実績を強調。中学3年までの医療費窓口無料化の拡大や保育料無料化、子どもの貧困対策の拡充、新市民会館の早期開館などを訴えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…
  3.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る