波照間動向 他島も注視 竹富町議選、告示まで1週間

 9月4日告示の竹富町議選(定数12)まで28日で一週間を切った。現状で西大舛高旬町長を支持する与党6、支持しない野党2、中立7の計15人が出馬の見通し。波照間では3人が出馬の意志を固めている。同島しだいで他島の当落数が変わる可能性もあることから、関係者は波照間の動向を注視しながら告示の日を迎えることになりそうだ。

 ■カギ握る波照間
 「波照間以外で誰が落ちるのか」
 複数の陣営関係者から、こういった声が出始めている。波照間の今後の動向によって選挙戦が大きく変わるからだ。

 町議選は議員定数12。15人が出馬の見通しのため、現状で3人が落選する。波照間は現職2氏が議席を確保していることから本来、多くても2人の当選が限度。

 仮に波照間で3人が共倒れした場合、議員定数は12であるため、波照間以外の島で落選の可能性はゼロ。波照間で2人が落選した場合は、他島の誰か1人が落選する。

▼過去記事の 全文は「新聞オンライン.com」で
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は5月5日から始まる児童福祉週間を前に22日午前、県庁正面玄関前でこいのぼり掲揚式を開き、与儀こ…
  2.  一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム(屋冨祖幸子理事長)の発足に伴う記者発表が23日午後…
  3.  衆院沖縄3区補選で初当選したフリージャーナリストの屋良朝博氏は当選から一夜明けた22日、精力的に報…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  白保集落北側でリゾートホテルの建設が計画されていることに関連し、同計画に反対する白保住民7人は20…
ページ上部へ戻る