米軍の銃弾と認める 名護の小屋損壊

 名護市の米軍キャンプ・シュワブ近くの農作業小屋で今年6月に見つかった流れ弾とみられる銃弾について、米軍は12日、県警に「米軍が発射した銃弾だった」と伝えた。県警が同日、明らかにした。
 県警などによると6月21日、名護市数久田にある農作業小屋の窓ガラス2枚が破損し、貫通したとみられる銃弾が発見された。銃弾は長さ約5センチ、直径約1・3センチ。
 現場はキャンプ・シュワブの実弾射撃訓練施設から射程圏内にあり、県警は流れ弾の可能性が高いとみて、米軍に照会していた。沖縄県議会は7月、原因の徹底究明を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の超高速ブロードバンド環境整備促進事業を活用し、石垣市北部地域で5日から、情報通信環境を整備する…
  2.  県議会(新里米吉議長)は5日、11月定例会の本会議を開き、各派を代表して上原正次氏(おきなわ)、新…
  3.  沖縄県アジア経済戦略構想推進・検証委(安里昌利委員長)は11月29日午前、県庁に玉城デニー知事を訪…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る