園芸野菜を初出荷 拠点産地化へ意気込み

園芸野菜の初荷式が行われ、万歳三唱でトラックを見送った=8日、磯辺集荷場

 JAおきなわ八重山地区園芸協議会(兼浜秀雄会長)が8日、磯辺集荷場で2019年の初荷式を開き、オクラ、ゴーヤーなど875㌔を県内外の市場へ出荷した。集まった関係者は万歳三唱でトラックを見送った。関係者はカボチャ、ゴーヤーの「拠点産地化を」など新年の目標を掲げた。
 今年は正月休みを待たずに2日からゴーヤー、3日からインゲン、ピーマンなどの荷受けがあった。今年度の出荷計画はゴーヤー㌧、インゲン6㌧、オクラ110㌧、カボチャ220㌧などで総出荷量は396㌧。花卉類は120万本を計画している。
 兼浜会長は「品質、値段の安定が農家にとって良い結果として跳ね返る」「カボチャ、ゴーヤーはすぐにでも拠点産地になれる。希望を持って拠点産地化を目指そう」など主催者あいさつした。
 各機関の代表者があいさつした後、出荷用トラック3台を酒と塩で清めた。その後、全員で出荷を見送った。初荷式は昨年より2日早い開催。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は20日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員4人の計5人が新たに新型コロナウイルスに感染…
  2.  八重山農林高校(山城聡校長)のライフスキル科は19日午前、同校で「食育で子育て支援活動~農業高校生…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大がなお続いている。石垣市では、かりゆし病院でクラスター(感染者集団)が…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る