間違い・いたずら9割 18年の118番通報実績

 海上保安庁はこのほど、海での事件・事故の通報を受ける118番の2018年通報実績を発表した。
 昨年1年間の全管区合計の通報は43万件。このうち海難や人身事故などの有効件数は全体の約1%の5千件にとどまり、約99%が間違い電話やいたずら電話だった。
 118番運用開始の2000年には間違い電話などが80万件あったが、18年には43万件と約半数まで減少。これまでの118番周知活動によるものと見られる。
 第十一管区内(沖縄県)の昨年の118番通報の総数は6982件で、このうち、海難や人身事故などの有効件数は全体の約6・2%の434件。間違い電話やいたずら電話などが約92.5%を占め、海上保安庁では緊急時の救助要請の妨げになるので、「いたずら電話や間違い電話をせず、緊急時のみの利用を」と呼び掛けている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)12月定例会では一般質問最終日の12日、上盛政秀、仲里俊一、那根操の3氏…
  2.  宮良小学校(仲間一史校長、全校児童133人)で、児童による無言清掃の試みが7月からスタート。毎日、…
  3.  石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は12日、構内で2019/2020年期の製糖開始式を開いた。製…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政治経験のない元新聞記者が、知名度も実績も、はるかに上回るベテラン政治家を破り、初当選を果たす。他…
ページ上部へ戻る