「浦添移設は機能強化」 那覇軍港、自民が追及 県議会

15分の休憩前にも、議会は一時休憩し、県議会の議会運営委員長・大城一馬県議=(社民・社大・結)(左端)が知事(左から2人目)らと調整する場面もあった=26日午前、県議会

 26日に開かれた県議会2月定例会一般質問2日目は、島袋大氏(自民)の那覇軍港移設をめぐる質問で紛糾した。島袋氏は、米軍普天間飛行場の辺野古移設と、那覇軍港の浦添移設は「沖縄の海を埋め立てる点で同じ」と主張。浦添移設後の那覇軍港にも強襲揚陸艦が接岸できるようになるとして「軍港の機能強化ではないか」と追及した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  平真小学校創立130周年記念事業の一環として、同校の敷地となった土地を提供した辻野家一門と地元有志…
  2.  石垣市立大浜小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が21日、同校体…
  3.  石垣市が新型コロナウイルスの経済対策として全市民対象に販売しているプレミアム付き商品券は、21日ま…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る