【金波銀波】「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の…

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票から約2週間。「反対が7割超を占めた」という結果だけ喧伝され、県民の複雑な民意に光を当てた総括がされていないようだ◆一番の問題は、知事選より約11ポイントも下がった約52%の投票率。当初、不参加を表明した5市はいずれも県全体より低く、3市に至っては50%を割り込んだ。あれほど吹き荒れた「市民の投票権を奪うな」という激しい反発の声は何だったのか、拍子抜けしてしまう◆辺野古移設に関心が低いわけではなく、棄権という「消極的抵抗」を選んだ容認派が相当数いたのではないか。今さらながら、微妙な県民の心情をくみ取れない県民投票であったことが浮き彫りになっている◆自民党の県議からは「反対」票は有権者の4割にも満たないという指摘があり、基地反対派から「投票結果の矮(わい)小化」などと激しい批判を浴びた。しかし県民投票は、候補者の勝敗が決まれば終わる通常の選挙とは違う。さまざまな数字から民意を推し量るために実施されたはずで、賛否の票数や割合だけを語るなら、メディアの世論調査やアンケートと何の違いもない◆反対派の「勝利」だけで終わっていいのか。投票結果を単純化する風潮には賛同できない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度年末年始官民合同建設現場パトロール(主催・八重山労働基準監督署、建設業労働災害防止協会…
  2.  2019年度沖縄離島体験交流促進事業(主管・県企画部地域離島課)の町長発表会が6日午後、竹富町役場…
  3.  米海兵隊は6日、金武町の田んぼなどで見つかった物体は、訓練で使用した照明弾だと明らかにした。共同通…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る