「国民守る尊い任務」 自衛隊採用予定者14人を激励

記念撮影する自衛隊採用予定者14人と関係者ら=9日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

 「2018年度自衛隊採用予定者激励会」(八重山防衛協会など主催)が9日午後、市内ホテルで開かれ、採用予定者14人を関係者らが激励した。
 今年度の採用予定者は、陸上自衛隊の一般曹候補生5人、自衛官候補生1人、航空自衛隊の一般曹候補生1人、自衛官候補生7人の計14人。一人ひとりが「自衛隊になることを後押ししてくれた両親に感謝し、自分の目標を忘れずに頑張る」、「困っている人を助け、多くの場面で活躍できるよう頑張る」など決意表明した。
 激励会では国歌斉唱に続き、採用予定者が紹介。主催者代表挨拶を行った八重山防衛協会の三木巖会長は「厳しい選抜の中から選ばれた14人の若者を誇りに思う。日本の安全を守るというのは尊いこと」と激励。
 自衛隊沖縄地方協力本部の松永浩二本部長は、採用予定者とその家族に感謝し、「入隊予定者数が県、八重山地区ともに増加しているのは喜ばしい。石垣にも部隊ができるが、陸上自衛隊は地域密着の組織。自分たちのまちは自分たちが守るという気持ちで、いつの日か石垣で勤務できることがあれば」と祝辞を贈った。
 大浜一郎県議は「自衛隊は国民の命と財産を守る崇高な使命を持っている。災害時の献身的な活動は周知されているし、有事の際に最前線で任務を果たすのも自衛隊。多くの人たちがあなたたちを見守っている」と呼び掛けた。
 このほか中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長が来賓祝辞を行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、石垣市の中山義隆市長が感染の可能性がある観光…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る