単価4千円の大台 最優秀賞に新里朋矢さん JA石垣牛肥育部会枝肉共励会

㊧最優秀賞を取ったA5ランクでBMS12の枝肉。㊨第29回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会で最優秀賞の新里さん夫妻(中央)、優秀賞の先島ファームの内田さん(右)、優良賞のJAおきなわ八重山肥育センターの金嶺圭昇場長=19日午前、八重山食肉センター

 第29回JA石垣牛肥育部会枝肉共励会が19日、八重山食肉センターで開かれた。セリに出品された16頭全てが4等級以上(上物率100%)で、最優秀賞に選ばれた新里朋矢さん(37)=八島=の黒毛雌の枝肉は1㌔当たりの販売単価が4000円と大台に乗り、今回のセリ単価の最高額を付けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る