原告の控訴棄却 前知事の国連演説訴訟

会見する川満氏(左)と徳永氏=9日、県庁

 故翁長雄志前知事が2015年に国連人権理事会に出席した関係諸経費を公費から支出したのは違法として返還を求めた住民訴訟の控訴審判決が9日、福岡高等裁判所那覇支部で言い渡され、大久保正道裁判長は控訴を棄却した。
 原告らは2017年に、県の公費支出は違法として住民監査請求を行ったが、請求期限が経過していたとして却下され、那覇地裁に住民訴訟を提起。地裁は2018年11月、同じ理由で訴えを棄却した。控訴審判決も第一審の判決を踏襲した。
 判決後、原告らは県庁で記者会見し、最高裁に上告する方針を示した。
 原告は裁判で、翁長氏の国連演説が公務か否かを争点化する方針だったが、一、二審とも訴えを門前払いした。住民監査請求の期限について原告側は、翁長氏の国連演説について産経新聞が報じた時点を基点にするよう求めている。
 原告の1人である川満昇治氏と弁護士の徳永信一氏は会見で、翁長氏が国連で発言した内容は国外で「民族自決権」と訳されるため、国際社会では琉球民族が民族問題を提起したと誤認されると指摘した。
 川満氏は「地方自治は、国連の場で解決するものではない。知事には発言権がない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京五輪の自転車競技(ロードレース)に内定した石垣市出身の新城幸也=バーレーン・マクラーレン所属=は…
  2. 一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は21日、沖縄や台湾の安全保障をテーマにした講…
  3.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る