陸自配備予定地を空撮 ドローンで、奥間氏明かす

奥間氏がドローンで撮影した平得大俣地区の陸上自衛隊配備予定地の写真がスクリーンに映し出された=17日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール

 17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊配備~」(主催・農村のくらしを守る会)で、講師の1級土木施工管理技士・奥間政則氏が平得大俣地区の陸上自衛隊配備予定地をドローンで撮影したことを明らかにした。
 奥間氏は辺野古の埋め立て工事などをドローンで撮影している「沖縄ドローンプロジェクト」のメンバー。会場のスクリーンに上空から撮影された陸自配備予定地の写真を映しながら、「今見ている写真は自然が残っている。これが全て軍事施設になる」と述べ、「石垣でもこういった状況を撮りながら映像を残し、どう変貌していくか考察する」と警戒感を示した。
 新たに成立したドローン規制法に関しては、「テロ対策というが、防衛局は隠したいものがあり、我々の目を塞ごうとしている」と主張した。
 17日に住民が現場周辺でドローンを目撃しており、奥間氏の飛ばしたものである可能性が高い。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る