「無駄」と通り過ぎる人たち 家族の高齢化も進む 水居徹さん―「拉致考える集い」発言より

 5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)で、特定失踪者の水居明さん(当時52歳)の息子・水居徹氏(59)の発言趣旨は次の通り。

 〈当時を振り返って〉
 石垣の海が好きでよく来るが、海を見ると複雑な思いになる。
 父は不動産賃貸管理をやっていた。釣りが好きで、土日のたびに宮崎市の青島辺りへ行っていた。
 1988年7月17日、父は釣り仲間の友人・林田幸男さんと一緒に林田さん所有の遊漁船「共擁丸」(1㌧)で午前4時頃出港し、そのまま帰らなかった。
 翌日、私は東京から宮崎に向かった。着陸寸前に見た宮崎の海は、全く波も無く、底が見えるような感じだった。父は前に一度、遭難したことがあったので「なぜこれで遭難したのか」と疑問に思っていた。
 当初から北朝鮮による拉致という話はあった。前年の87年には大韓航空機爆破事件があったり、九州沖合では北朝鮮らしい船が目撃されたりしていたから。しかし、私は「拉致はないだろう。日本海側じゃないし」と思っていた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る