【金波銀波】また大型の台風が先島諸島に…

 また大型の台風が先島諸島に襲来する。地元住民はうんざりするほど経験してきた事態だが、こればかりは惰性で対応できない。緊張感をもって備えなくてはならない◆大型スーパーは食料品を備蓄しようとする人たちで混雑しており、特に観光客が多いようだ。早くも空っぽの商品陳列棚が目立つ。本島や本土との交通路が遮断されると、離島はたちまち生活物資が尽きる。豊かな日常生活は、平和な空や海が前提であることを改めて実感させられる◆しかし実際には、日本周辺の空も海も到底、平穏無事とは言えない。東シナ海や日本海上空では中国軍機の活動が活発化し、航空自衛隊が那覇などから、ひっきりなしにスクランブル(緊急発進)を繰り返している。最近は韓国が実効支配する島根県・竹島周辺で、ロシアの領空侵犯も起きた◆八重山の尖閣諸島周辺では、中国公船「海警」がほぼ常駐状態で、海上保安庁の巡視船と対峙。台風が接近すると「海警」はさっさと避難してしまうが、巡視船はギリギリまで周辺海域にとどまり、警備の任務を続けるという◆日本人の何不自由ない毎日は、空、海のこうした「番人」がいてこそ成り立っている。ましてや離島は、最前線で国境を守る人たちの労苦なくして、暮らしを維持できない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  大きめのサーフボードに立ちオールを使って漕ぐスポーツ、通称サップの大会イリオモテ・サップ・グランプ…
  2.  第145回九州地区高等学校野球大会に沖縄県代表として出場する八重山農林高校と沖縄尚学高校が16日、…
  3.  県内の12泡盛メーカーの代表者らは16日午前、県庁で記者会見し、新商品「尚」を発売すると発表した。…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る