しまくとぅばは「島の心」 3市町の出場者ら熱弁 うるま市

しまくとぅば語やびら大会では、スピーチを行った参加者が努力をたたえられ表彰された。村松さんは最後列の右から3人目、石垣さんは中列右から2人目、大島君は最前列の右から2人目=14日午後、うるま市民芸術劇場

 第25回しまくとぅば語やびら大会(主催・沖縄県文化協会)が14日午後、うるま市民芸術劇場で開催され、八重山からは、村松稔さん、大島千佳君、石垣金星さんら3人が出場した。また、同大会前には、第7回しまくとぅば県民大会が開かれ、各地域の方言の普及に貢献した個人や団体が表彰された。
 しまくとぅば県民大会と、しまくとぅば語やびら大会は、県内で使われる回数が減少している沖縄方言「しまくとぅば」の普及と存続を目的に行われる事業の一環として実施された。
 語やびら大会では、県内の各市町村から代表者が集まり、地元に伝わるそれぞれの「しまくとぅば」でスピーチした。
 与那国町の村松さんは、愛知県出身で18歳の時に町に移住した経緯を振り返り、与那国の「しまくとぅば」を忘れてはいけないと訴えた。
 石垣市を代表して大浜小5年の大島君が、亡くなった祖父から大浜地区の「しまくとぅば」を教わった思い出を紹介した。
 竹富町西表島のの石垣さんは「しまくとぅば」と芸能文化については「島の心と魂」と表現。稽古を繰り返す必要があると訴えた。
 第7回しまくとぅば県民大会では、竹富町の又吉智永さん、与那国町の米城惠さん、石垣市文化協会が、「しまくとぅば」の普及に貢献したとして表彰された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る