国史跡に白保竿根田原遺跡 2万7千年前の人骨出土

㊧国指定の史跡に指定される白保竿根田原遺跡㊨白保竿根田原遺跡から出土した約2万7千年前とされる人骨(以上、県教育庁提供)

 国の文化審議会(佐藤信会長)が15日開かれ、約2万7千年前と推定される人骨が出土した「白保竿根田原(さおねたばる)洞穴遺跡」(石垣市)の史跡指定を萩生田光一文部科学相に答申した。旧石器時代に相当する更新世の人骨が国内で初めて出土した最古の墓葬・墓域で「人間の歴史を長期にわたってたどることができる遺跡として貴重」と評価された。国の史跡指定は県内では42番目、石垣市では4件目となる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る