「絆による復興進める」 首里城再建募金で玉城知事

 玉城デニー知事は20日、火災で正殿などが焼失した首里城(那覇市)の再建に向け寄付を集める札幌市の沖縄物産店を視察した。11月20日時点の寄付金額は約220万円で、玉城知事は「皆さんとの絆による復興を進めていく。沖縄とつながってもらい、温かい心を寄せてもらえれば」と訴えた。
 米軍基地問題の議論を全国的に深めるための「トークキャラバン」で同市を訪れていた。市中心部の地下街にある沖縄物産店「札幌わしたショップ」を訪問した知事は、上條透店長(33)に売れ筋やお客が求める商品などを質問。12月31日まで設置されている募金箱に「ありがとうございます」とサインしていた。
 視察に先立ち、知事は北海道の浦本元人副知事と面会した。浦本副知事が北海道も米軍の訓練を受け入れていることに触れ、「沖縄の大変な環境は承知している。同じ気持ちで取り組んでいきたい」と述べると、玉城知事は「北と南で連携できれば」と応じた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  平真小学校創立130周年記念事業の一環として、同校の敷地となった土地を提供した辻野家一門と地元有志…
  2.  石垣市立大浜小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が21日、同校体…
  3.  石垣市が新型コロナウイルスの経済対策として全市民対象に販売しているプレミアム付き商品券は、21日ま…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る