韓国客、過去最大8割減 10月観光客数は最高更新

 県は26日、10月の入域観光客数概況を発表した。韓国客は7900人で、対前年同月比で3万3500人減(80・9%減)となり、統計を取り始めてから過去最大の減少となった。玉城デニー知事は韓国客の落ち込みを食い止めるため、10月に訪韓して交流促進を呼び掛けており、成果が注目される。

 入域観光客は85万1300人で対前年同月比2000人(0・2%)増となり、韓国客の減少にもかかわらず、10月の過去最高を更新した。
 国外客は1万6000人減(6・5%減)の23万500人で、韓国客の落ち込みが目立つ。韓国と沖縄を結ぶ航空便は昨年の週77便から週24便に減少。ソウルからの直行便のみになった。11月の韓国便は昨年の82便に対し、週24便にとどまっている。韓国では訪日自粛の動きが続いており、県は11月も「厳しい状況が予想される」としている。
 玉城知事が韓国客誘致のため再度、訪韓する可能性について、文化観光スポーツ部の新垣健一部長は「現地の状況を見て、検討しないといけない」と述べるにとどめた。
 他のアジア各国では、台湾、中国本土、香港などからの観光客がいずれも増加した。
 国内客は、1万8000人増(3・0%増)の62万800人。11月も堅調に推移する見込み。

関連記事

ピックアップ記事

  1. JTA八重山支社長兼石垣空港所長 玉城力さん(54)  新型コロナウイルスの感染が広がり、航空…
  2.  沖縄子どもの未来県民会議(理事長・謝花喜一郎副知事)は30日午後、県庁で第2回理事会を開き、新年度…
  3.  沖縄本島でほぼ連日、新型コロナウイルスの感染確認が続いており、離島の八重山でも徐々に警戒感が高まっ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の海上警備を担当する中国海警局(海警)のトップに、中国海軍で東シナ海を管轄する東海…
ページ上部へ戻る