佐喜真氏再起に意欲 石垣で講演

石垣市で講演した佐喜真淳氏=27日

 前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家は浪人中にいろいろな人とひざを交えて話し、キャッチボールすることが重要だ。いかにモチベーションを高め、さらなるチャレンジに向かっていけるか考えている」と、再起への意欲を示した。
 米軍普天間飛行場返還後の跡地について「この土地は宝物だ。百年分の投資をしてもらいたい」と述べ、改めて早期返還と跡地利用の促進を要求。
 跡地利用の具体策について「いろいろなことができる」とした上で、太平洋と東シナ海を同時に望むことができる「万国津梁の塔」(仮称)の建設を提案し「エッフェル塔と同じようなシンボルになる」と期待した。
 辺野古移設をめぐる県民投票にも触れ「やるからには、歴史の時間軸をしっかり考えてほしい」と述べ、普天間飛行場問題の歴史的経緯を考慮に入れた県民投票であるべきと主張した。
 講演会は(一社)すてきな沖縄を伝える会が主催した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る