「バガースマに生きる」発刊 30年余の論説集大成 長浜信夫さん

「バガースマに生きる」を手にする長浜さん=12日午後、八重山日報社

 石垣市議の長浜信夫さん(64)=大浜=が、30年余に書き溜めた論説などを集大成した「バガースマに生きる」がこのほど南山舎から出版された。長浜さんは「後輩たちが島の将来を考えるきっかけになれば」と話している。
 収められた文章は地元紙に掲載されたものが中心。テーマは公民館、PTA、スポーツなど、長浜さんの長年にわたる地域活動を反映し、多岐にわたっている。表紙には長浜さんが撮影した大浜の海岸の写真が使われており、長浜さんの郷土愛をうかがわせる。
 長浜さんは「還暦を迎え、これまで広く活動してきたことの足跡をまとめたいと思った。未来のため、この島をどうやって子どもたちに残していくか考えてほしい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は、県民の離島へのモニターツアー費用を6割補助する事業「島あっちぃ」を実施する。離島の交流促進と…
ページ上部へ戻る